Gutenbergのギャラリーを使用

スポンサーリンク

試験的に画像ギャラリーを使ってみました。

以下の画像は、ギャラリーを選択し、画像を5枚アップロードし3カラムで表示設定したものです。

WordPressの5.0.3にバージョンアップ以降、記事を作成するとGutenbergバージョンになっていますが、プラグインでグーテンベルクをインストールしないとその効果は発揮されません。

まずは、Gutenbergをインストールすることです。

上記の画像は、幅100pixで統一して保存した画像です。ギャラリーを選択すると画像の自動とレミング起きるようですが、投稿画像のサイズを統一していればそんなに気にならない表示になるようです。

ただ、1枚の幅が100pixのため3枚と余白表示で300pix程になります。4inchのスマホぐらいなら表示されると思ったのですがipjone-SE・safariでも表示できません。なにか手を打たないとgoogleから注意を受けそうです。

画像左寄せにしてみると

表示サイズが小さくなり、投稿で執筆中は、画像脇に文字が回り込んだようになります。

プレビューで見てみると回り込みは解除されているようです。

またその下に画像を貼り付けてみましたが、回り込みは発生していません。

画像のあとに文字が回り込む

下書きの編集画面では画像のあとに文字が回り込んでいるようですが、実際は回り込んでいないようです。(すべての端末で調べたわけでは無いのでわかりませんが、今見ている通りで大丈夫のようです。)

問題点:レスポンシブに対応していないようなので、Gutenbergで
ギャラリーを 使用する場合は、表示がどうなるか注意しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする