TRIM関数 文字列の余分なスペースを取り除く

同じものにそろえる関数TRIM

TRIM関数でデータの文字列に含まれる余計な空白を除去する

使用場面は、データ加工時に同じ名称でも頭に空白あったり、スペースの間隔が違った場合、それぞれが違う文字列認識されるためデータがまとめられないことがあります。

トリム関数

スポンサーリンク

TRIM関数の説明

B1は、文字列の最初にスペースが入っている物がトリム関数を使うことで空白が除去されC1とC2が同じ文字列に整形されています。

B5のタラコ  メディクスは、スペースが全角スペース+半角スペースが挿入されています。これもTRIM関数で同じ文字列になっています。

B7のNB 産業は、半角スペースを1ついれていますが、B8のNB     産業は半角スペースを5ついれています。これもきれいに同じ文字列にされています。

B9のオ メ        ガテ ックは半角7つを入れていますがこれもB10ではきれいに同じ文字列となっています。

TRIM関数は、書式を無視します

TRIM関数

上の絵のように、TRIM関数は強調文字・斜体文字・フォントサイズも無視します。

大量にあるデータの場合、手でデータを直すなんて考えられません。これで効率のいい作業をしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする