肉野菜炒め

スポンサーリンク

野菜シャキシャキが残る野菜炒め

学生の頃、安兵衛という定食屋でしょっちゅう580円の肉野菜炒め定食を食べていました。調理の仕方も見ていましたが、中華鍋を振りながら入れているのは日本酒・塩・コショウぐらい。なんであんなにおいしいのか不思議でした。

いろんなレシピをあわせてとりあえず第1弾。

大盛肉入り野菜炒め

材料 1人前

豚コマ60g
キャベツ1/4
人参1/3
もやし半分
ピーマン1個
きくらげ5枚
ねぎ5cm
ニラ2本
調味料
醤油小さじ1
オイスターソース小さじ1
砂糖小さじ1/2
大さじ1
中華だし小さじ1
ごま油小さじ1
1g
大さじ1

作り方

    1. キクラゲを50℃ぐらいのお湯につけ、15分ぐらい戻す。戻ったら洗っていしずきを切る。
    2. 野菜をカットする。
    3. フライパンに油を敷き、包丁でつぶしたニンニクを入れ火を入れる。
    4. 温まったら豚小間を重ならないよういれ、隙間にニンジンを入れる。
    5. ピーマン・キャベツを入れ、キャベツにあらかた火を入れる。
    6. ネギ・キクラゲを炒める。
  1. もやし・ニラを入れる。
  2. ここで調味料を入れ、火力大で混ぜる。
  3. もやしは炒めすぎないようにし、コショウをかけ、最後にごま油を回し入れ、ちょいと混ぜて完成。

注意点

炒める順番は重要で、もやしとニラは最後に入れます。

また、最後まで塩は絶対入れないことが重要です。塩のせいで水分が出てべちゃっとした仕上がりになります。

塩の1gが多いと場合、味の素を0.3gほど入れて代用しても減塩でよりおいしくなります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする