ブログの丁度いい文字数とは

スポンサーリンク

有名ブロガーの記事辺りの文字数

ブログ、文字数で検索すれば、山ほど結果が出てきます。
考え方は当然人それぞれで、有名ブロガーでも500文字から2,000文字と様々です。
SEOの観点からも、情報が多いほうが有利なのはわかります。

要するに楽していたら訪問者は増えないということ。
ぱっと見て読みたくなるレイアウトである。
探している答えらしき物がある。
図解もある。などだろうか?

読みたくなるレイアウト

文章の塊をなくし、行間を広く取ることで窮屈感をなくし読みやすくする。

文字数が多ければ逆にきれいに見え、文字だけでも気にならなくなる。

1ページ内に広告が多く入ると内容が希薄に見えるため、adsense広告がページ内に見えすぎないようにする。(文字情報が多ければ問題なし)

図解があり分かり易い

howto物に限るが、説明は図解がないと見る気がしない。

絵だけでも理解できるような親切な手順は有効。

情報がないと検索にもかからないので、必要最低限の文字数は入れておく。

所詮 内容が鍵

読まれて共感を得る内容、欲しい答えが書いある。

これがないと誰もよんでくれないでしょう。

ブログですから、他人を傷つけなければ何をかいてもかまいません。

私も中身のあるブログにしていければと考えます。

この記事の文字数は580です。

正直内容は全然ありませんが、最低でもこれ以上の情報量が必要ということです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする