サクットカット 引き切りハサミ ナカバヤシ

刃物の町、関 ハサミ職人監修

引き切りハサミ

スポンサーリンク

よく切れる引き切りのハサミ

刃で何かを切るとき、刃を斜めに動かしながら切る切り方。斜めに動かすと、刃が触れている時間が長くなり、事実上刃の角度が鋭くなってよく切れる。包丁を手前に引いて切るとよく切れるのと同じ原理。

新開発のプルーナーアール刃と搭載。長い刃渡りと短い刃渡りの刃がすり合うことにより引き切りの作用が生まれ、従来品に比べ軽く切りことができます。

(ナカバヤシ㈱ NH-HF175Bの製品説明書裏面参照)

※引き切りのせいで切っているとき若干戻るような感じがすることがあります。でも切れます!!!

切れ味

使用目的は、湿布やテーピングのカット。
画像の通り、ベタつくこともなくスッキリ切れます。

引き切りハサミ

100均のハサミは紙はそこそこ切れますが、湿布を切ったら以下の通り。超イライラします。
100均ハサミ
アンチグルー刃とフッ素コートで、テープを切ってもベタベタが付きませんでした。
100均のハサミは、1回切っただけでノリが付きます。
ハサミは、100均であれだけ売っているから、切れないハサミにみんななれているみたいですね。ときたま事務所でハサミを貸したりすると、何だこの切れ味!とびっくりする人も増えています。
このハサミはたったの1コインです。普通に切れるものを使いましょう。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする