CGI POST-MAIL(フォームメール)の設定

メールフォームをwebページに設定する

個人でwebページを運営している場合、ダイレクトなやり取りは危険も伴いますので、メールフォームでワンクッション置いたやり取りは当然のこととなって来ます。

今回使用したのは、KENT-WEB さんのcgiで、ホームページの画面上で入力された内容を、指定した電子メールアドレスに送信するものです。

機能も必要なものはすべて取り揃えてあり、設置も簡単そうでしたので使ってみました。

スポンサーリンク

POST-MAILの設置方法

以前使っていたメールフォームがいつの間にか動かなくなったので、別のcgiフォームに変更してみました。

PostMailのダウンロードはこちら

ディレクトリ構造

    • postmail
      • data
      • lib
      • templ
      • style.css
      • init.cgi  -rwxr–r–
      • check.cgi -rwxr-xr-x
      • init.cgi  -rwxr–r–
      • index.html -rw-r–r–
      • postmail.cgi  -rwx——
      • style.css -rw-r–r–

設置の変更箇所はinit.cgi

init.cgiの下記の送信先メールアドレスとサーバーパスを変えるだけです。

#===========================================================
# ▼基本設定
#===========================================================

# このプログラムの文字コード (utf8 or sjis)
# utf8 : UTF-8
# sjis : Shift-JIS
$cf{kcode} = ‘sjis’;

# 送信先メールアドレス
$cf{mailto} = ‘haha@oooo-bbbb.com’;

# sendmailのパス【サーバパス】
# → プロバイダの指定を確認のこと
$cf{sendmail} = ‘/usr/sbin/sendmail’;

# sendmailへの-fコマンド(プロバイダの仕様確認)
# 0 : no
# 1 : yes
$cf{send_fcmd} = 0;

# 文字コード自動判別(0=no 1=yes)
# → フォームからの文字コード自動判別を行う場合
# → 通常は、「0」のほうが望ましい
$cf{conv_code} = 0;

# メール本文をBase64で送る
# → 機種依存文字等を扱う場合や、UTF-8版で海外との送信時に有効。
# 0 : no
# 1 : yes

パーミッションの変更

使用しているサーバーがハッスルサーバーですので以下のように設定を変更しています。

cgiパーミッション

postmail.cgi  パーミッション-rwx—— 700 で設定。
cgi パーミッション

 他の設定はなしでも送信者への返信もすべてやってくれます。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする