WiFi受信子機の使用感 Thinkmart製

Thinkmart 無線LAN 子機 Wi-Fi  1200Mbps 11ac/n/a/g/b 

旧型の子機が調子悪くなったので、取り急ぎ1,700円ほどで購入しました。
最新式ではないので、UBSは2.0です。

現在は、ほとんどがUSB3.0ですので、これは旧式になります。

WiFi子機

比較対象のボールペンを見てわかる通り、小型でデスクトップなら全く気にならないサイズです。WiFik子機

最初付属のCDがないと思ったのですが、ミニCDでした。
当然、made in chinaです。
スポンサーリンク

ダウンロードとアップロードのスピードについて

旧式のLAN-W450AN/U2  450Mbpsからの換装になるので、スピードは大幅アップです。
ほぼ倍の性能です。

wifiスピード

WiFiスピード

これだけスピードが出ていれば全く問題はありません。これでも動画の再生に問題がある場合は、相手のサーバーの性能や元データのサイズに問題があると思います。

現在、高速なW i-Fiアクセスポイントとして普及が進んでいる「IEEE 802.11ac」の最大転送速度は、8ストリーム時の理論値で6.9Gbpsとなっているが、国内で販売されているWi-Fiアクセスポイントは4ストリームまでの対応で最大2167Mbps、クライアント側はほぼ2ストリームまでで最大867Mbpsの転送速度となっているのが現状だ。

一方、理論値では最大転送速度が9.6Gbpsに達し、混雑下での速度向上も目指す「IEEE 802.11ax」が現在策定中だ。このドラフト規格に対応し、最大2.4GbpsのWi-Fiアクセスポイント機能を備えたホームゲートウェイが、KDDIが3月より提供を開始した「auひかり ホーム10ギガ/5ギガ」のユーザーに向けて、すでに提供されている。

現在は、IEEE 802.11ax対応子機の発売待ちといったところでしょうか。

ケースが以上にでかいので小さく感じます。

wifi子機接続

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする